組み込み関数

クラスの属性操作

関数意味
delattr(object, name)objectから属性nameを削除
getattr(object, name[, default])objectの属性nameの値を取得
hasattr(object, name)objectに属性nameがあるかをチェック
setattr(object, name, value)objectの属性nameの値をvalueに設定

クラスの属性定義

メソッド意味
__getattr__未定義のメンバーにアクセスする際に呼び出される。
__getattribute__未定義・定義済み関わらず、すべてのメンバーアクセスで呼び出される。

クラスのチェック

関数意味
isinstanceクラスのインスタンスかチェック
issubclassクラスのサブクラスのインスタンスかチェック

スコープモジュール

関数説明
dir引数に何も指定しなかった場合は、現在のローカルスコープにある名前(ローカルスコープで定義された変数、関数、クラスなど)を返送する。引数にオブジェクトを指定した場合はそのオブジェクトが持つ属性の一覧を返送する
globalsグローバルな名前空間に存在する名前の一覧を返送する
localsローカルな名前空間に存在する名前の一覧を返送する
vars引数に指定したオブジェクトが持つ__dict__属性を返送する。引数を指定しなかった場合は組み込み関数localsと同様

コードの動的評価

関数説明
compile引数に指定したPythonコードをコンパイルする
eval引数に指定したPythonコード(式)を評価する(代入文など、Pythonの文は渡せない)
exec引数に指定したPythonコードを実行する(複数の文を実行可能。戻り値は常にNone)

コンソール/ファイル

関数説明
inputコンソールからテキストを1行読み込む
open指定したファイルをオープンする
print指定したテキストをコンソールに出力する

その他

関数説明
help引数に指定したオブジェクトの説明

REF

  • https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1704/28/news041_2.html